冷血 (毎日新聞社) 高村薫 感想

冷血 (毎日新聞社) 高村薫 感想

2013/01/27 6:21 neputa

スポンサーリンク

あらすじ

 『レディ・ジョーカー』(1997)『太陽を曳く馬』(2009)に続く、"合田雄一郎"シリーズ最新刊!

2002年クリスマス前夜。東京郊外で発生した「医師一家殺人事件」。衝動のままATMを破壊し、通りすがりのコンビニを襲い、目についた住宅に侵入、一 家殺害という凶行におよんだ犯人たち。彼らはいったいどういう人間か?何のために一家を殺害したのか?ひとつの事件をめぐり、幾層にも重なっていく事実。 都市の外れに広がる<荒野>を前に、合田刑事は立ちすくむ― 人間存在の根源を問う、高村文学の金字塔!

「この身もふたもない世界は、何ものかがあるという以上の理解を拒絶して、とにかく在る。俺たちはその一部だ」
犯行までの数日間を被害者の視点、犯人の視点から描く第一章『事件』、容疑者確保までの緊迫の2ヶ月間を捜査側から描く第二章『警察』を収録。

感想

死とは何でしょう。

小説を書くことを考えて生きる手段として続けてきた小説家が、小説を突き詰めて現実に追いついてしまった、そんな読後感。

著者は、ずっと感じ続けてきた社会への、世間への、人への、自分自身への違和感を本作で解したのではないでしょうか。

本作をリアルタイムで体験できることは読書家としてこの上ない幸せと感じる。

著者について

  • 本書より引用
1953(昭和28)年、大阪市生れ。'90(平成2)年『黄金を抱いて翔べ』で日本推理サスペンス大賞を受賞。'93年『リヴィエラを撃て』で日本推理 作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。同年『マークスの山』で直木賞を受賞する。'98『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞を受賞。2006年 『新リア王』で親鸞賞を受賞。'10年『太陽を曳く馬』で読売文学賞を受賞する。他の著作に『神の火』『照柿』『晴子情歌』『冷血』などがある。

「高村薫」タグの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク