ラベル 雑記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 雑記 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

「山」に興味を持つにいたるまで

突然ですが、「山」は好きですか?

出典:PEXELS.com

遠くから美しい山の稜線を眺めたり、一歩ずつ足を踏み入れ頂上を目指したり。いつからか私はすっかり山の虜になってしまいました。

もとはと言えば、身近に登山をする人がいたことや、『岳』という山岳救助をテーマにした漫画を読んだことがキッカケでした。

【作品紹介】 「山」にまつわる本 ~小説、ノンフィクションなどなど

早いもので2017年も残すところわずかとなりましたね。
毎月3~4冊ほどのペースですが、今年も素晴らしい作品に出会うことができた一年となりました。

これもひとえに作者をはじめとする作品を作り出す方々、全国津々浦々まで流通して下さる方々、そして書店等で販売して下さる方々、そして本を愛し読書を楽しむ皆々様のおかげです。

心より感謝申し上げます!

出典:pexels.com

誰の何の得になるのかわかりませんが、ちらほら見かけるこの手のふり返り記事を書いてみましたので、よろしければお付き合いくださいませ。

【作品紹介】 2017年に読んだ本 私のおすすめベスト10作品

大げさなタイトルを掲げたが、ごく私的な話である。

出典:https://unsplash.com

私が読む本はフィクションがほとんどだ。
しかしノンフィクションも好んで読む。

ノンフィクションにおける重要な要素のひとつは事実であること。
「事実である」、そのことが文章から受ける衝撃を深いものにする重要な要素であると私は思っている。(「衝撃」と書いたが、これは「感動」や「感銘」など心に強く作用することを意味している)

フィクションには「事実である」という要素は含まれていない。事実に基づいた作品もあるがその多くは創作である。

では、フィクション作品から強い衝撃を受けることはないのか。
否、フィクションはノンフィクションを遥かに凌駕する可能性を秘めており、それこそがフィクション作品を飽くことなく次々と読み続ける理由と言える。

ノンフィクションを凌駕する、とはどういう現象か。
それは、読み手がフィクションであることを忘れる、あるいは気づかないゾーンにハマることができた場合とでも言おうか。

この状態に至るには、読み手のコンディションも影響するが、やはり作品の持つ力が最も大きいと考える。

ノンフィクションを凌駕するフィクション、そんな作品に出会ってしまった場合、ひとたびページを開くとたちまち文章の魔術により現実を忘れ、その作品世界へと引きずり込まれてしまう。

その作品が描き出す世界が現実世界を凌駕し唯一となる。
唯一と感じる。
この感覚は私にとって何にも変え難い素晴らしい体験をもたらしてくれる。

まるでなにかの中毒者の思考と同じだが、これを再び味わうためならどんな労苦をも厭わない気持ちになる。
Tripにも似た体験を求める行為であるが、おクスリなど後ろ指さされがちなものではなく読書でよかったとは思う。実際そう差はないように感じるのだが。

この世界に「読書」という素晴らしき体験をもたらしてくれるすべてに感謝したい。

素晴らしき読書体験に関する考察

電子書籍を Amazon Kindle から honto に乗り換えてみた ~上位10サービスを比較

【Amazon Kindle アプリ版】タブレット (アンドロイドOS) 購入と電子書籍デビュー